美しい風景 帰り道・・・

最近、気になる風景があります。
夕暮れ時の真っ赤な空です。
なんだかとても、とても赤くてきれいです。

 

 

 

 

 

夕焼け小焼けの 赤とんぼとんぼ、
この歌詞が頭の中にふっとながれて・・・
この詩は、懐かしき秋の童謡の代表曲です。
田んぼに黄色の稲穂、風に揺れるススキ
赤い夕陽、とても素敵な久米川周辺の風景です。
ついつい、立ち止まり眺めていました。

 

 

 

 

 

よく黄昏なんて言いますが、
「たそかれどき」を略しているそうです。
その昔、夕暮れの人の顔の識別がつかない暗さに
なると誰かれとなく、「そこにいるのは誰ですか」
「誰そ彼(誰ですかあなたは)」通りすがりの人に
声をかけたそうです。
今は車時代なので、声をかけるまでもなく通り過ぎて
しまいますが・・・
時代が変わっても、変わらない美しい風景が
いつまでも残るといいなと想いました。
「たそかれどき」
皆さんも、ちょっとだけ夕焼けを探してみてください。

このページの先頭へ